東京ディスプレイ協同組合 | nextHERO

 

大西

茨城大学大学院 卒
株式会社スペース
所属:東京第1本部営業3部2課

「各々の立場で考え、提案することが出来る仕事。」
元々土木系の大学で橋梁の構造工学や景観工学、水理学や地盤工学などを学んでいましたが、生活により身近で人々の顔が見える仕事がしたいと思い、内装業界を選びました。
業界を選んだ理由でもある、生活によリ身近で人々の顔が見える仕事なので、出来次第で評価に直結する仕事だと考えています。その中でも内装に関わるフロー全てを担当するスペースは、各々の立場で考え、提案することが出来るので、より人々に近い位置で仕事が出来る場所だと考えています。


「自分の中でさらにブラッシュアップ。」
様々な考え方を持つ方々と物件を通してコミュニケーションを取ることで、今までになかった知識や経験を積むことが出来るので、1つの店舗がオープンする度に自分の力になっていくことを実感出来ます。
しかし、その中でも経験したことのない設計・施工の際には、オープンするまでいつも不安があります。いつになっても不安が無くなることはないと思いますが、知識や経験をそのまま取り入れるのではなく、自分の中でさらにブラッシュアップする事を心掛けていきたいです。


「内装という枠組みの中だけでなく他分野の方々とも積極的に。」
店舗には、ディベロッパー、店舗開発、店舗スタッフ、設計・施工業者、エンドユーザーと様々な立場の人が関わリます。その中で、ある立場の人にとって「良い」店舗ではなく、どの立場の人にとっても「良い」店舗を作リたいです。
立場によって「良い」という感覚は異なるものなので、内装という枠組みの中だけでなく他分野の方々とも積極的に関わり、多様な情報を吸収・整理・取捨選択することで、よリ「良い」店舗を作り上げていきたいです。
 
next HERO Index 一覧を見る