東京ディスプレイ協同組合 | ディスプレイとは?

「ディスプレイ」とは「飾る」ことを意味します。
百貨店やショッピングセンター、物販や飲食の店、博物館やテーマパークからオフィス、
ショールームさらには展示会や博覧会まで。あらゆる環境をつくる仕事がディスプレイ業です。
「空間」という媒体を通して、人々の五感に訴え、さまざまなメッセージを伝える仕事。
21世紀には「仮想空間」にも舞台が広がろうとしています。

ディスプレイ業(日本産業分類)
主として販売促進、教育啓もう、情報伝達等の機能を発揮させることを目的として、店舗、博覧会々場、 催事などの展示等に係る調査、企画、設計、展示、構成、製作、施工監理を一貫して請負い、これら施設の内装、外装、展示装置、機械設備(音響、映像等)などを総合的に構成演出する業務を行う事業所をいう。
分類番号 9 2 9 1